2016年03月20日

思い出を贈る


お疲れ様です、岡田です。

突然ですが、先日親しい人の誕生日だったのですが、
その際に贈られていたプレゼントの中に、とても面白いものがあったので紹介します。

それはこちらです。

image-c8413.jpg

一見、なにかメッセージカードなのか、
はたまたなにか入れるケースなのか…
正直よくわからないものです。

写真ではわかりづらいですが、
2つに折られており、それを開いてみると…

image-ee261.jpg

このようになっています。
写真だと「ん?」という感じですが、
このディスク?の部分が、なんと回るようにな
っているんです。

それと同時に、
誕生日を祝う歌が流れる仕掛けになっていて、
まるでレコードを聞いているかのようなデザインになっています。

正直最初に見たときは、
新しいおもちゃをもらった子どものようにはしゃいだ覚えがあります。笑

自分はレコードをほぼ知らない世代なのですが、
こういったプレゼントはとても素敵だなぁと感じました。

どうしてもプレゼントというと、
「欲しいものはなんだろう?」となりがちですが、
こういったユーモアのある、思い出に残るようなプレゼントも素敵だなぁと感じました。

もし興味がある方は、ぜひ買ってみてほしいです。
恐らく初見だと、結構テンションが上がるかと思います。笑

以上、岡田でした!




posted by KPC Rookie's at 22:58| Comment(1) | 岡田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聞いてみた

お疲れさまです、鈴木啓介です。


三月も半ばになりましたが、急に暖かくなったと思えば雨が降り、気温が下がったと思えばまた暖かくなり、、、というのを繰り返しています。

体調管理に気を抜けない毎日です。


今回は、入社して一年が経とうとしている今、仕事で接する機会は多いものの、あまり腰を据えて話したことがない駒田印刷の先輩社員の方にまだぎりぎり1年目という立場を利用していろいろと話をうかがってみました。


話をうかがったのは、出来上がった印刷物を加工、製本をして完成までを見届ける工程管理をされている、プロダクトグループの花井さんです。


image-abf85.jpg

ーーまず、このお仕事をされて何年経ちますか?


駒田印刷に入社して以来今の仕事一筋で、10年経ちます。



ーー10年間この仕事をされて、大変だったと思うことはありますか?


外注の会社の方や、現場で働く方に、品質や納期の依頼をする立場なので理解、協力してもらうところですかね。


数年前、短納期で大量の案件があったとき、各部署総出で一ヶ月丸々、土日も返上して作業をしたことがあります。今では伝説になっています。



ーー自分は仕事でミスをすることが度々あります、花井さん自身もそういったことはありましたか?


私も入社してすぐ、自分の指示ミスがきっかけで、間違った商品が出来上がってしまったことがあります。お客様はもちろん関係各所に多大な迷惑をかけました。


そこから、ミスの匂いを感じ取る嗅覚が養われたと思いますね。嫌な予感がするっていう、、



ーー確かに自分がミスしそうだなという仕事は自分でもなんとなく分かってきました、、逆に仕事をしていて良かったと思うときはどんなときですか?


めったにないですが、営業の方を通じてお客様の声を聞いた時は嬉しいですね。



ーー印刷業についてどう思いますか?


純粋に紙って物として重いなと思いました。

転職して今に至るのですが、以前は繊維の会社に勤めていました。繊維もすごい重たかったんです。



ーー分かります。ホームセンターでアルバイトをしていた時、ロール状のカーテンの束に押しつぶされそうになったことがあります。


そうそう、でも紙はもっと重い。

繊維業界も含め『糸へん』の業界が景気が悪くなり、そこから逃れようとしたのですが紙も思いっきり『糸へん』でしたね、、



ーー新入社員に対して思うことはありますか?


肩の力を抜いて下さい。鈴木さん含めもっとフランクにしていいと思いますよ。



ーーまだ力の抜きどころが分かってないのかもしれないです、、花井さんは仕事以外の力の抜きどころはなんですか?


朝、通勤の道を毎回変えて気分をリフレッシュすることですね。違う景色を見てぶらぶらするといいです。



ーーすごく分かります。自分も退勤の際、寄り道をしがちです。他にはありますか?


ブログを書きます、内容は秘密です。ブログランキングで上位にいたことも、、

やっぱりいろいろな人から反応をもらえると嬉しいですね。


ーーブログとても気になります、、、花井さんお忙しい中ありがとうございました!!



今回話をうかがってみて、共感することが多くありました。一年間ブログを書いてきましたが(さぼりがちな時もありますが、、)自分の考えたことをひねり出して文章にするとすっきりして、さらにそれに反応がもらえると気持ちがいいです。

また、先輩社員の方から見た自分たち1年目の社員にどう思っているのか、普段あまり耳にすることができないため、今回改めて知ることができてよかったと思いました。


ありがとうございました。


posted by KPC Rookie's at 04:18| Comment(1) | 鈴木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

100円


お疲れ様です、岡田です。

最近また寒くなり、花粉もかなり飛ぶようになり、なかなか辛い時期になっています。
何よりまだまだインフルエンザも油断はできないので、
皆さんも体調にお気をつけて過ごしていただければと思います。

さて私はそんな中、
このお休みで少し遠出をしてきました。

泊まる宿だけ決めて、
あとは何ひとつ決めず、気になったところに寄っていくような2日間でした。

気になって寄った場所にひとつに、たまご農家さんの直売店がありました。

そのお店には、
カステラやプリン、シュークリームなどのお菓子や、
ドレッシングや醤油などの調味料があったり、
美味しいオムライスの作り方を紹介するカード?みたいなものもありました。

ただそのお店の中で一番気になったのは、
それもまた農家直送の「おばぁちゃんの野菜」というコーナーでした。

そのコーナーは、
「おばぁちゃん」が、自分の農家で作った野菜を置いているコーナーで
野菜を持っていっていいけど、代わりに気持ちで100円置いてってくれ
という趣旨のコーナーです。

正直こういったお店は結構あり、
僕も存在は知っていたのですが、実際に見る機会はなかなかないので、興味を引かれました。

前から思っていたのですが、
こういった手法をとるお店は、野菜だけ取られたりしないのかと考えていました。

ただ、お金を入れる箱を見ると
しっかり100円玉がどっさり入っていました。

きっと
「みんな100円しっかり入れてるし、私も入れなきゃ」
という気持ちが出てくるからなのかなぁと思います。

また、トイレの
「いつもきれいに使っていただきありがとうございます」
に通ずるものを感じました。

自分は野菜を買うことはしませんでしたが、
こういった日常に、こんなテクニックがたくさんあるんだと改めて感じました。

以上、岡田でした。

image-9ad85.jpg
posted by KPC Rookie's at 07:02| Comment(2) | 岡田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。